○○クリニック 本文へジャンプ
 

きたむら動物病院のスタッフを紹介いたします!









 















   

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





























 

獣医師・動物看護師


院長獣医師
北村 英祐 (きたむら えいすけ)

1976年12月23日、高知市生まれ。
土佐塾高校、麻布大学(内科学第2研究室)卒業。

経歴
神奈川県横須賀市「ながのペット病院」にて3年間、ほか東京都杉
並区、神奈川県横浜市の動物病院にて、総計約6年間半勤務。
神奈川県横浜市ペットショップ「アサヒペット」にて約3年間
子犬・子猫の検診、予防、治療、飼育管理指導に従事。
神奈川県藤沢市「皮膚科 米倉動物病院」にて研修。

現在月1回、愛媛県松山市、松山ほうじょう動物
クリニック
にて皮膚科外来を担当。

所属
獣医皮膚科学会
獣医循環器学会
日本アレルギー学会

実績
「リゾープス菌麹抽出エキスサプリメントの給与開始後、
 皮膚症状の改善が認められた犬の3症例」
症例報告 MVM Vol.20 No.2 2011年 3月

 

「脱毛症のイヌにおけるR&Uの補助的効果」
麻布獣医学会にて発表 2011年 8月

「犬の胆道系疾患におけるトレピブトン製剤の効果および
 投与量の検討」
第63回 四国地区獣医師大会 
日本小動物獣医学会(四国)にて発表 2012年 9月


スタッフ
動物看護主任   小松 美千代
動物看護副主任  小松 真子
動物看護師    西峯 世菜
動物看護師    中山 好恵
動物看護師    土居 沙友里



とても明るいスタッフ一同でお待ちしています。

 

 

動物スタッフ?

動物「の」看護師、たまに待合室にいます。




ベベ(パグ めす)
2009年7月より当院に仲間入りしたベベです。
かなりイタズラ好きのオテンバですが、ヒトもイヌも大好きです。








しま子(アメリカンショートヘア めす)
いつも困った顔のしま子はとっても面倒見の良い看護猫です。
後ろ姿のシマシマがまるでスイカです。






きな子(mix めす)
次の世代を担うきな子は病院一の活発ヤンチャの育ち盛り猫。
立派な看護猫?になるべく日夜猛特訓中、よく遊びよく鳴き
よく甘えます。いちばん「しゃべる」猫です。




あん子(mix めす)
人見知りさんで慎重派のあん子はきな子と姉妹猫ですが、きな子と
対照的なおとなしい看護猫です。しま子お姉さんが大好きでいつも
一緒、ベッタリです。



 

 

茶太郎(mix  おす)
期待の?新人茶太郎くんは、写真のようなひねり技が得意の
ヤンチャ盛りです。





 

 

 


チーズ(アメリカンカール おす)
一番おっとりしているのんきで優しい子です。
名前の由来はもちろんカールといえばチーズです。






 

 

 

シャー君(mix おす)
スタッフの車のボンネットに入っていたシャーくんは
最初極度の怖がりでシャーシャー怒ってばかりだったから
なんですが今ではすっかり中心猫です・・・・。






トノ(2010年4月、亡くなりました。たくさんの方に可愛がって
いただいてありがとうございました。)






ヨリ(2013年4月、亡くなりました。たくさんの方に可愛がって
いただいてありがとうございました。)






 

   
ホームにもどる
   2009-2016 Kitamura Animal Hospital